2004年12月28日

lsコマンド 自分がアクセスしているディレクトリ内のファイル一覧を表示する(Linuxコマンド)

Linuxコマンド

lsコマンド
自分がアクセスしているディレクトリ内のファイル一覧を表示する

■-- 文法 --■

ls (オプション) (パス)


■-- オプション -- ■

-a 隠しファイル(ピリオドから「.」始まるファイル)も表示する
-1 1列で表示する
-l 詳細情報を表示する
-t タイムスタンプ順にソート(昇順)して表示する
-r 降順で表示する

-----------------------------------------
$ ls ←コマンド実行
data.dat out.txt test.dat tmp.dat ←ファイルが表示される
-----------------------------------------

-----------------------------------------
$ ls -l     ←「ls」の右に「-l」をオプションとしてつける     
total 16
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:46 data.dat
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:45 out.txt
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:45 test.dat
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:47 tmp.dat

 ●詳細はファイルの様々な属性を表示します。左から

   ・ファイルモード(ファイルタイプ・アクセス権限)
   ・リンクカウント
   ・所有者
   ・グループ
   ・ファイルサイズ
   ・タイムスタンプ
   ・ファイル名

   となります。

     ※ファイルタイプとはそのファイルがディレクトリか
      普通のファイルかをあらわすものです。
-----------------------------------------

-----------------------------------------

$ ls -t ←「ls」の右に「-t」をオプションとしてつける
tmp.dat data.dat test.dat out.txt

   ●作成された時間が新しいファイルから右に表示されます。
-----------------------------------------

-----------------------------------------
$ ls -lt ←オプションは組み合わせることが可能
total 16
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:47 tmp.dat
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:46 data.dat
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:45 test.dat
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 5 Aug 12 00:45 out.txt

●詳細を表示して、作成された時間が新しい順で表示されます。



pakira9 at 01:46│Comments(0)TrackBack(0)clip!Linuxコマンド 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔